アフリカ、秋田犬の日々

サリフ・ケイタのコンサート

木曜(10月4日)の夜、「サリフ・ケイタ」のコンサートへ行って来た。

彼はユッスー・ンドゥールと並ぶ現代アフリカン・ポップ・ミュージックの有名アーチスト。西アフリカのマリの王家の血筋ながら、アルビノとして生まれ一族から追放同然の扱いを受けながら音楽家をめざしたとのこと。80年代後半からのワールド・ミュージック・ブームの中で活躍したひとり。

そのコンサートに行きたいと思いながらチケットを買いそびれていたのが、お向かいのアチャナが誘ってくれ、の彼女とその友人達の一行に加えてもらったのだ。
(アチャナの旦那さんは数日前に泥棒騒ぎがあったので、息子とともに留守番。)

さて、コンサート会場(ガバメント・コンプレックス)には約1時間前に到着。思ったよりモダンで立派で、大きな町の市民ホールといった建物。帰りに出やすいようにと一番後ろの中央部分に皆で席をとって、時間まで二階ホールでお客さんのファッションチェックをしていた。

1500席の会場は満席。予定通り8時半に主催者と来賓の挨拶があり、前座のサカラ・ブラザーズ(Sakala Brothers)の演奏開始。アフリカンないい感じの音楽だったが、彼らの演奏がやたら長い!結局1時間ほど続いて、途中寝てしまっていた。連れの一人がしばらく席を離れていて戻って来たら、「やっぱり、サリフ・ケイタがまだ会場に来てないみたい」とのこと。彼らは時間かせぎのため延々と演奏をしていたのか、と同情した。

やっとサリフのバンドメンバーが機材を運びセッティングを始めたので、あわてて洗面所に行ったけど、こちらも延々と音合わせ(1時間!)が続く。


b0262188_7104581.jpg
(10月6日付けZambia Daily Mailウェブ版より転載)

結局、サリフ・ケイタが歌い出したのが10時半過ぎ。途中、客席の皆で曲に合わせて踊ったり手拍子したりしたけど、座っているうちにまた寝てしまっていた。やはり、楽曲を知らないので盛り上がりにかける、というのか・・・。11時半になって打ち合わせしてた通りに途中で帰ったけど、その時間にはかなりのお客さんが席を立っていた。

アフリカに来て初めてのコンサート体験でしかも夜遊び。それには興奮し楽しめたけど、時間が遅くなり過ぎて眠くて眠くて。皆も不満はあったんだろうけど、「ギターが良かった」とか「あの(サルエル)パンツはイケテなかった」とか「ここはNYやロンドンじゃないんだから、もっと終わらなきゃね」とか言いながら、家に着いたのは深夜12時。

翌々日に新聞記事を探していたら、このコンサート会場について、「あの建物は大会議場として建てられたもので、音楽ショーには向かない。音響の悪さでアーティストの名前に傷がつく」との、ザンビア人ベテラン歌手のコメントが載っていた。

さて、そのサリフ・ケイタは翌日には隣国マラウィでのブランタイヤ・アート・フェスティバルにも出演したよう。夜8時に開始予定だったのに、機材のセットアップとチューニングに時間がかかり、始まったのは11時25分。しかも、機材のたてる耳障りな音に途中歌うのを止めたり、彼自身ちょっと苛立った様子だったそう。これは、バンド機材と照明の接続のマズさにより予想外に電力を消費したため生じた、と記事に書いてあった。

いやいや、皆さん、お疲れさま!
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-10-10 07:12 | 飼い主の生活

アフリカに渡った秋田犬と飼い主の日常
by マダム猫林
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

誕生日
at 2014-01-10 18:05
新年のご挨拶
at 2014-01-03 06:51
いつもの散歩道
at 2013-12-28 20:20
鳥をキャッチ! でも・・・
at 2013-12-23 15:46
ホロホロ鳥の卵
at 2013-12-04 20:18
可愛い友達
at 2013-12-01 14:32
赤ちゃんフクロウ
at 2013-11-09 22:07
ニャータ、庭デビュー
at 2013-11-08 04:40
インドのお祭り、ディワリ
at 2013-11-04 23:15
乾期と雨期の狭間で
at 2013-11-04 22:34

フォロー中のブログ

ブログジャンル

ブログパーツ

画像一覧