アフリカ、秋田犬の日々

カテゴリ:飼い主の生活( 14 )




ホロホロ鳥の卵

ホロホロ鳥の卵をもらいました。
鶏卵と比べると小ぶりだけど、黄身が濃い!
b0262188_203139.jpg
(左がホロホロ鳥の卵、右が鶏の卵)

味の違いはわからなかったけど、卵焼きにしたら
黄色がとっても鮮やかでした。


b0262188_2053451.jpg
ゲームドライブ中に見かけたホロホロ鳥の群れ


b0262188_2095727.jpg
昔借りてた家の庭にいたホロホロ鳥のキュピと猫のキイロちゃん。

あの頃は、ホロホロ鳥は家族だったから、なんとなく遠慮して卵も肉も食べなかった。
本当は美味しいのに・・・。
[PR]



by mrsnekobayashi | 2013-12-04 20:18 | 飼い主の生活

インドのお祭り、ディワリ

昨日はインドのお祭りディワリ(Diwali 新年の祭りのようなもの)ということで、ご近所さんからミターイ(お菓子)をいただいた。
b0262188_23112717.jpg



夜になり、うちの敷地内は花火大会がはじまり、スズは発情していることもあり、興奮とパニック状態。

ディーゼルはお向かいのインド人宅で花火に参加していたけど、打ち上げ花火がはじまってどこかに逃げ出したらしい。

ニャータは全く動じずに、外に出たくてしょうがない。でも、家から出してもらえずにしかたなく遊んでいた。大物だね!
[PR]



by mrsnekobayashi | 2013-11-04 23:15 | 飼い主の生活

こんなところに鳥の巣が!

b0262188_2130182.jpg

我が家の庭は狭いからか、スズはなかなか外で遊ばない。

b0262188_21324841.jpg

庭木の剪定をしていたら、この塀に這わせている木の枝に鳥の巣を発見!

枝をだいぶ切り落としたので、ちょっと見えるようになってしまった。

眺めていると、中から驚いた赤い小さい鳥が出て来た。

b0262188_2131497.jpg

すばしっこくて、写真には撮れそうにない。


b0262188_2138552.jpg
スズ:『うちはディーゼルがいるから鳥には危険だよ!』
[PR]



by mrsnekobayashi | 2013-02-13 21:27 | 飼い主の生活

犬好きさん達

スズがやって来て、生活に潤いがあるというか、忙しいというか(散歩や餌作り、病院通い、警察沙汰など)、早起きで元気で過ごしています。

しかも、犬好きさんを家にお誘いしたり、お庭に招待していただいたりと、社交にも一役買ってくれています。

今月、仲良くしていただいてた犬好きのMさんご一家が帰国されました。
スズとは同じ九州生まれ、以前スズに良く似た秋田犬MIXちゃんを飼われていたそうで、とても可愛がっていただきました。犬がちょっと怖いお嬢さん達に、犬好きになってもらう一助になったならいいんだけど。

7月中旬に、お友達の庭でランチした時の一枚。
b0262188_22385786.jpg
こうしてみると、スズって大きいわ〜。モフモフだったし。
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-11-23 22:42 | 飼い主の生活

スリランカ人会のイベント

今月5日にルサカ郊外でチャリティーイベントがあった。

今年で18回目というスリランカ人会最大のイベントだそうで、メインは在ザンビアのスリランカ、英国、南アフリカ人チームによるクリケット親善試合。

b0262188_255413.jpg
スリランカ対南アフリカチームの試合のもよう

私たちはスリランカ料理をお昼ご飯にしようと12時前に会場に到着。

食べ物はハンバーガー、BBQチキン、Tボーンステーキ、チキンカレー(ターメリックライスにチキンカレーとゆで卵と野菜サラダ付き)、モンゴリアン(まるで「そばめし」)、そしてコットゥロティー(まるで「カレー味のそばめし」)などが売られていた。私は迷わずチキンカレー、モンゴリアン、コットゥロティーを注文。

そばめし風の料理は、鉄板をカンカン鳴らしながら男性が汗だくで作っていて、夏祭りの屋台のようで懐かしかった。食べるのに夢中で写真を撮り忘れた。残念!

クリケットの試合の合間にアナウンスがあり、
「今からスカイダイビングが行なわれます。上空を見て。飛行機が旋回した後、ダイバーが降りて来ます」という。

無事に着地できるのか皆で空を見つめる。
b0262188_2581526.jpg


上手くフィールド内に着地するダイバー。
b0262188_3153211.jpg


三人目の男性は日本人だったそうで、女性を前に抱えた格好で着地。大歓声で迎えられていた。

クリケットの試合は生で見るのは初めてで、ルールが全く分からずぼおっと見ていたが、広々した運動場の木陰でそよ風に吹かれてのんびり過ごせた午後だった
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-11-17 03:07 | 飼い主の生活

誕生日バーティーにおよばれ

隣人のぼっちゃまの誕生会によばれたので、ここぞとばかり参加してきた。
(一応、手伝いも兼ねての参加。)

通常はバーティーは自宅で行うよう。でも、うちの集合住宅は庭が狭いので、近くのイタリアンレストランの中庭を会場として借りるという気合いの入りよう。

b0262188_22202317.jpg


子どもの誕生会というのは一大イベントで、招待客はクラスメートや友達、学校の先生など。中には元クラスメート(なんと!小学生なのに落第しちゃった子)もいました。

彼はインターナショナルスクールに通っているため、参加する子ども達も英国人、インド人、韓国人、レバノン人、ジンバブエ人、そしてもちろんザンビア人、と国際的。

そして料理もベジタリアンとノンベジを用意してある。

b0262188_2221415.jpg


パーティで外せないのが、ジャンピングキャッスル。これをレンタルするから広い庭が必要。
b0262188_22484536.jpg

今回は、彼の父親の会社のものとレンタルのとで二基を設置したので、それにつられて参加した子ども達が多かったよう。

キャラクターをデザインした特注のケーキでお祝い。7歳です。
b0262188_23152914.jpg



さて、参加した子ども達は15名の予定だったのが25人だった。子どもの兄弟姉妹が一緒に来るのは想定内としても、出欠の返事をしていないのに、当日に子ども達を連れて来た母親達がいたため。

来てくれた子へのお土産で持たせるパーティパックや絵本が足りなくなってしまった。

「きちんと予定を立てる」のが好きな隣人は、ちょっとムカついていたよう。
その辺がまあアフリカ人らしいというのか・・・。
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-11-13 22:12 | 飼い主の生活

サリフ・ケイタのコンサート

木曜(10月4日)の夜、「サリフ・ケイタ」のコンサートへ行って来た。

彼はユッスー・ンドゥールと並ぶ現代アフリカン・ポップ・ミュージックの有名アーチスト。西アフリカのマリの王家の血筋ながら、アルビノとして生まれ一族から追放同然の扱いを受けながら音楽家をめざしたとのこと。80年代後半からのワールド・ミュージック・ブームの中で活躍したひとり。

そのコンサートに行きたいと思いながらチケットを買いそびれていたのが、お向かいのアチャナが誘ってくれ、の彼女とその友人達の一行に加えてもらったのだ。
(アチャナの旦那さんは数日前に泥棒騒ぎがあったので、息子とともに留守番。)

さて、コンサート会場(ガバメント・コンプレックス)には約1時間前に到着。思ったよりモダンで立派で、大きな町の市民ホールといった建物。帰りに出やすいようにと一番後ろの中央部分に皆で席をとって、時間まで二階ホールでお客さんのファッションチェックをしていた。

1500席の会場は満席。予定通り8時半に主催者と来賓の挨拶があり、前座のサカラ・ブラザーズ(Sakala Brothers)の演奏開始。アフリカンないい感じの音楽だったが、彼らの演奏がやたら長い!結局1時間ほど続いて、途中寝てしまっていた。連れの一人がしばらく席を離れていて戻って来たら、「やっぱり、サリフ・ケイタがまだ会場に来てないみたい」とのこと。彼らは時間かせぎのため延々と演奏をしていたのか、と同情した。

やっとサリフのバンドメンバーが機材を運びセッティングを始めたので、あわてて洗面所に行ったけど、こちらも延々と音合わせ(1時間!)が続く。


b0262188_7104581.jpg
(10月6日付けZambia Daily Mailウェブ版より転載)

結局、サリフ・ケイタが歌い出したのが10時半過ぎ。途中、客席の皆で曲に合わせて踊ったり手拍子したりしたけど、座っているうちにまた寝てしまっていた。やはり、楽曲を知らないので盛り上がりにかける、というのか・・・。11時半になって打ち合わせしてた通りに途中で帰ったけど、その時間にはかなりのお客さんが席を立っていた。

アフリカに来て初めてのコンサート体験でしかも夜遊び。それには興奮し楽しめたけど、時間が遅くなり過ぎて眠くて眠くて。皆も不満はあったんだろうけど、「ギターが良かった」とか「あの(サルエル)パンツはイケテなかった」とか「ここはNYやロンドンじゃないんだから、もっと終わらなきゃね」とか言いながら、家に着いたのは深夜12時。

翌々日に新聞記事を探していたら、このコンサート会場について、「あの建物は大会議場として建てられたもので、音楽ショーには向かない。音響の悪さでアーティストの名前に傷がつく」との、ザンビア人ベテラン歌手のコメントが載っていた。

さて、そのサリフ・ケイタは翌日には隣国マラウィでのブランタイヤ・アート・フェスティバルにも出演したよう。夜8時に開始予定だったのに、機材のセットアップとチューニングに時間がかかり、始まったのは11時25分。しかも、機材のたてる耳障りな音に途中歌うのを止めたり、彼自身ちょっと苛立った様子だったそう。これは、バンド機材と照明の接続のマズさにより予想外に電力を消費したため生じた、と記事に書いてあった。

いやいや、皆さん、お疲れさま!
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-10-10 07:12 | 飼い主の生活

友人のレシピ本

乗馬仲間のポーリーンが料理本を出版したというので、買ってみた。
b0262188_15393675.jpg


ポーリーンはオランダ人で3人娘の母。そして4人娘の母のデンマーク人ナタリアとの共著。

丁度その時には旦那さんにも会ったので、「料理上手な奥さんで、良かったわね」というと、彼は「うん!」と答えたのに、彼女は「私はそうでもないの。」

ポーリーンによれば、料理はナタリアの担当で、彼女は写真や構成、文章を担当したよう。
b0262188_1547468.jpg


本の内容は、ルサカのスーパーマーケット、グローサリーや健康食品店で購入できる食材を使って作る飲み物、ディップ、おやつ、パン、スナックなど。どちらかと言えば、子どもに栄養があっておいしく食べさせるためのレシピが中心。

そして、健康志向で、全粒粉や雑穀、豆やナッツ類、野菜、果物、魚などを食べ、反対に肉(特にレッドミート)や砂糖、精白した小麦や米、パスタなどはなるべく食べない。甘味はフルーツや蜂蜜、デーツやステビアで取る、低GI食で血糖値の急激な上昇を押さえる、というような説明も入っている。

実は私が関心をもって実践しようとしているもの。

b0262188_1542239.jpg


そして、レシピの最初に載っているのがグリーンスムージー!
私もここ1ヶ月ほど毎朝作って飲んでいるのでとても共感し、勉強になる。

さて、そのグリーンスムージー(green smoothie)のレシピ。私は今のところ「果物+葉もの野菜(家庭菜園の小松菜、春菊、ほうれん草、ミントなど)+水」という基本で作っているけど、このレシピでは水の代わりに豆乳やアーモンドミルク、ライスミルクなども混ぜていい、とある。アーモンドミルクは初耳。是非、作ってみよう!
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-10-04 15:59 | 飼い主の生活

意外にもハイテク生活

アフリカ生活の中で、意外と進んでいるかも!というものの紹介。


先ずはこのプリペイド式の電気メーター。
b0262188_5263460.jpg


電話会社や提携先(郵便局など)の窓口で顧客番号を言い、
必要な分の電気量を購入(うちは毎回20万クワチャ=540KWHを購入)。
もらったレシートにある20桁の番号を打ち込めば、新たにチャージされるしくみ。
これだと一ヶ月の使用量がはっきり分かるし、実は節電もやりやすい。



次は携帯電話。

b0262188_5323944.jpgb0262188_535289.jpg
SIMカードを購入し、プリペイドカードを買って料金をチャージするのが一般的。
私の電話機は韓国製で、SIMカードが2枚入れられる「デュアルSIM」の機種。
南ア系のMTNと中東系のAirtelのSIMカードを入れています。
これで、どちらかの電波状態が悪いところでも、カバーできれば良いのだけれど。
おしゃべりしすぎて片方のトークタイムが無くなった時、緊急用に使えます。




PCのインターネット接続にはAirtelのUSBタイプのモバイルモデムを使用中。

b0262188_5405219.jpgb0262188_542307.jpg
色々な料金プランがあり、現在2GB(60日以内の使用)分をプリペイドで購入して使ってます。
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-09-24 06:00 | 飼い主の生活

馬場の紹介

若い頃から馬に乗るのが夢だったので、
週1〜2回、乗馬のレッスンに通っています。

b0262188_15293150.jpg

馬場は車で20分ほどの場所でレッスン料は一時間10万クワチャ(約1600円)

日本ではなかなかない条件なのでできるだけ続けたいけど、
先日、二度目の落馬・・・・・。
その後の恐怖心がなかなかぬぐえません。

言いたくないけど、年齢のせいかな。


b0262188_15272176.jpg
私のレッスンの後、外乗に出かけるアデル先生とレッスン生や馬のオーナー達



b0262188_1548195.jpg
アデル先生と愛馬マラドーナ。彼女も3週間前に落馬して、まだ脇腹が痛いそう



以前は日本人2~3人の方とグループレッスンを受けていたのが、私一人になったため、個人レッスンだったり、寄せ集めのグループレッスンだったり、外乗だったり。レッスンの時間は先生の都合に合わせています。


b0262188_154501.jpg
クラブハウスというか休憩所。お茶も飲めます



b0262188_15492137.jpg
ロバ達ものんびり食事中
[PR]



by mrsnekobayashi | 2012-09-04 18:07 | 飼い主の生活

アフリカに渡った秋田犬と飼い主の日常
by マダム猫林
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

誕生日
at 2014-01-10 18:05
新年のご挨拶
at 2014-01-03 06:51
いつもの散歩道
at 2013-12-28 20:20
鳥をキャッチ! でも・・・
at 2013-12-23 15:46
ホロホロ鳥の卵
at 2013-12-04 20:18
可愛い友達
at 2013-12-01 14:32
赤ちゃんフクロウ
at 2013-11-09 22:07
ニャータ、庭デビュー
at 2013-11-08 04:40
インドのお祭り、ディワリ
at 2013-11-04 23:15
乾期と雨期の狭間で
at 2013-11-04 22:34

フォロー中のブログ

ブログジャンル

ブログパーツ

画像一覧